ブログトップ

柳ノ不定期な独り言

yagifuyu.exblog.jp

残念系微男子の柳ノ冬彦が日々の心情をとにかく語るブログ。深く考えずにお読み下さいませ。

遊戯王 決闘日記 ~デッキ紹介6~

前回紹介した霊使いデッキで使えなかった霊使いで構成したデッキ。
そのため、エリアとウィンがいません。……別に入れてもいいんですけどね。
正直、こっちのほうが【霊使い】っぽいかもしれません。

弟からは、「くず鉄がうざい」とか、「強者の苦痛が鬼畜」とか言われて、使うのを嫌がられることが多いです。
……でも、守らないとすぐにやられてしますわけですし。
その辺りは制限や禁止にでもならない限り変えません。
「可愛い顔してやってることは凶悪」という感じかもしれません。

ただ、「ハーレムデッキ」みたいなネタデッキではないです。
それなりに戦えるデッキにしています。

下の「デッキレシピを見る」で僕のデッキレシピとそのデッキの基本戦術などを紹介しています。
興味のある人はクリックして見てください。

あと、各カードの効果などは遊戯王wikiでも行って調べてください。



【デッキレシピ】
[モンスターカード]
火霊使いヒータ
クリッター
黒魔導師クラン ×3
光霊使いライナ
サニー・ピクシー
ジャンク・シンクロン ×3
執念深き老魔術師 ×3
白魔導師ピケル
地霊使いアウス ×2
憑依装着―アウス ×2
憑依装着―ヒータ
魔法の操り人形 ×2
見習い魔術師
闇霊使いダルク

[魔法カード]
強者の苦痛 ×2
サイクロン
死者蘇生
地割れ ×2
ディメンション・マジック ×3
波動共鳴
光の護封剣
ブラック・ホール
マジシャンズ・クロス

[罠カード]
くず鉄のかかし ×2
スターライト・ロード
魔法の筒
リビングデッドの呼び声

[EXデッキ]
(シンクロ☆5)
A・O・J カタストル ×2
ジャンク・ウォリアー ×3
スカー・ウォリアー
マジカル・アンドロイド ×2

(シンクロ☆6)
大地の騎士ガイアナイト

(シンクロ☆7)
X―セイバー ウルベルム
ブラック・ローズ・ドラゴン

(シンクロ☆8)
ギガンテック・ファイター
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン

(エクシーズ ランク3)
グレンザウルス

【基本戦術】
基本的に霊使いなどをセットしたりして、とにかく魔法使い族を並べてチャンスが来るまで耐える。
「チャンス」が見えたら、霊使いで相手モンスターを頂くなり、ジャンク・ウォリアーを出すなりして一気に攻める。
大丈夫、いざというときはスタロが守ってくれるから。
後半は「ジャンク・シンクロン召喚」→「墓地からレベル2以下の魔法使い族を特殊召喚」→「ディメンション・マジックを使って、魔法の操り人形を特殊召喚」→「ついでに相手モンスターを排除」→「レベル8のシンクロモンスターをシンクロ召喚」という流れになる。
だから、最初の手札に「ディメンション・マジック」が2枚以上来ると……泣ける。

【エクシーズ】
ランク3のエクシーズモンスターがいるのは、霊使いを使うからです。
相手のデッキによっては、効果を発揮できない霊使いがいるので、そういったモンスターを素材にする。
ジャンクさんがいつもいるとは限らないし。

【消えたロマン】
このデッキも一時期、「ADチェンジャー」が入っていて、「シューティング・スター・ドラゴン」が出せるようになっていたのですが、バランスの関係でやめました。
ロマンは求めますが、勝利もそれなりに求めるので。

【代わりのロマン】
この霊使いデッキも低パワーがネックになっています。
そのため、「マジシャンズ・クロス」の使用価値があるのです。
このデッキ、魔法使い族を2体並べるだけならそう苦労はしないですし。
攻撃力3000でのフィニッシュってロマンを感じませんか?
……いや、別に某社長のごとく高笑いとかはしませんけど。

【耐える】
このデッキはパワー押しで来るタイプのデッキを苦手としているので、その攻撃を防いでくれる「くず鉄のかかし」と、パワー自体を抑えてくれる「強者の苦痛」で守りを固めています。
そのおかげで、攻撃に割と耐えられるデッキにはなったのですが、「うざい」デッキになってしまったのです。
……そこは諦めろ、弟よ。

【総評】
じっくり時間をかけて切り込んでいくデッキなので、ワンキルタイプのデッキにはとても弱い。
……でも、大丈夫。一番懸念していた水属性はあれが禁止カードになったおかげで警戒する必要がなくなったから。
ピケルとクランが入っているのは、ジャンク・ウォリアー用。たまにずーっと場に居座っていることもあるが。

web拍手を送る

[PR]
by yanagino-kiyohiko | 2011-09-01 11:02 | 遊戯王決闘日記